交通事故被害にあった時に弁護士に依頼するメリット

交通事故被害にあった場合、相手側の保険会社が提示してくる保険金が適正な額だと信じてそのまま受け入れてしまう人が多いのですが、保険会社が提示してくる金額は低い場合が多いので注意が必要です。適正な保険料を受け取るには弁護士に相談した方が良いでしょう。
弁護士が算出する保険金の額と保険会社が算出する額には大きな違いがあります。それは弁護士が保険料を算出する基準となるのが、過去に交通事故被害の裁判で判決がでた金額だからです。保険会社が提示する保険金よりも3倍以上高くなる場合もあります。
保険会社が提示してくる金額が低いのは営利を追求する企業であるため、一定基準はあるもののなるべく安い金額で抑えたいと考えるからです。裁判所基準では被害者の身になって治療費や慰謝料を算出するため高くなるのです。
特に大きな差がでるのは後遺障害慰謝料です。交通事故にあうと体に大きな損傷を受けるため、はっきりわかるケガなどが治っても体の痛みが取れず日常生活に支障が出たり、歩く時にふらつくなどの症状が残る場合があります。こういった症状が将来的にも治らないと考えられる場合を後遺障害といいます。後遺障害は症状によって等級が細かく分けられており、等級によって慰謝料の額も大きく違います。後遺障害は他の人にはわかりにくい場合も多いので、後遺障害について知識が少ないと正しい等級に認定されるのが難しくなります。
弁護士に依頼すると症状などを精査して認定請求してもらえます。自分の主張が認められやすくなり、慰謝料も多くもらえるようになるので良い治療を受けることができます。
このように交通事故被害にあった時に弁護士に依頼すると保険金を多く受け取れるだけではなく、治療に専念できるというメリットがあります。弁護士に依頼すると費用が心配という人もいますが、交通事故に関しては無料で相談を受け付けているところも少なくありません。報酬金や費用に関しても相談にのってもらえます。