むち打ちと後遺障害慰謝料と示談金

むち打ち

むち打ちとは?

首に無理な力がかかってしまうと、回らなくなったり痛みを感じたりする症状が出る場合があります。
それをむち打ちと呼び、交通事故の時等にもその症状で悩まされる人は決して珍しいわけでは有りません。
しかし実際には初期にはそれ程症状が出ず、医師によっても診断に差が出てしまう程です。

ただ実際にはむち打ち自体は後遺症として残ってしまう事も有りますが、なかなか後遺障害としては認められにくいというのが現状です。
ただそれによって慰謝料・示談金の金額自体が大幅に変わってきます。
勿論後遺障害として認定される為には一定の条件を満たしておく必要があり、その条件を満たしていない場合は残念ながら認定される事は有りません。
しかし条件を満たしているにも関わらずその認定を申請しなければ、本当に受ける事が出来る慰謝料、示談金を手にする事が出来なくなってしまいます。

むち打ちと後遺障害認定

むち打ち自体はほぼ自覚症状のみで、検査をしてもなかなか客観的にその症状の原因が見えて来ません。
勿論検査によって以上が合ったとしても、その原因は事故等によるものではなく、加齢が関係していると判断されてしまう事も有ります。
そのため、認定されにくい症状とはなっていますが、決して認定されない、と言い切る事もできません。
確かに認定してもらう為には条件を満たしておく必要がありますが、中には後遺障害と認められて必要な保障を受けている人もいるからです。

その為に必要となってくる事の一つが、むち打ちが得意な弁護士に相談するという事です。
弁護士には得意分野と言うのが有り、その専門の分野に長けている人に相談する方が、より自分の納得のいく結果になりやすいという特徴があります。
この場合もその分野を得意とする人に相談し、適切な書類を作成してもらう事が出来れば、実際に自分の訴えを認められやすくなります。

ただ、実際に交通事故が起きると示談が行われます。
そこで示談が成立すると、本来はその後は事故に対して何も請求しない、と言う事になっています。
そのため、示談書には示談内容以外の請求は全て放棄する事等が記載されています。
原則的には示談が成立すれば、この内容を変更する事は出来ないようになっています。

しかし、交通事故等の場合は後遺障害が発生する可能性もある為、その場合は再度協議すると言った内容が記されている場合もあります。
この場合は一度示談が成立していたとしても、再度協議する事が出来るようになっています。
勿論そういった内容が記されていない場合でも後遺障害が認められれば慰謝料の請求が出来るので、まずは弁護士・保険会社等に相談する所から始めます。