交通事故の中でも後遺障害が出やすいバイク事故は弁護士に相談

バイクに乗って走行中交通事故に遭ってしまったら、自動車に乗っていて事故に遭うより重症になりやすいです。自動車事故なら車体があるので、車体がまず損傷し、中に乗っている人をある程度保護することができますが、バイクは守って保護してくれる車体がないので、事故に遭うと体そのものが直接相手にぶつかってしまったり、バイクから飛ばされるなどの危険性が増すからです。

バイク事故の場合はけがの度合いが大きくなる可能性が高い

このようにバイク事故の場合はけがの度合いが大きくなる可能性が高いので、命は助かっても後遺症が残ることも少なくありません。

そのため自賠責保険よりも高額な補償がある任意保険への加入をすることは重要なことです。また事故直後はどこも痛くなくてけがをしていないと自分では思っていても後日症状が出てくることもあるので、バイク事故に遭ったら必ず病院で診察を受けるようにし、事故直後から医師や保険会社と適切に対応をするかどうかがその後適切な補償が受けられるかどうかにかかってきます。

医師は事故後の自覚症状をカルテや診断書に書いてもらう必要があります。医師は事故のけがを治療することが目的なのでカルテや診断書に自覚症状を書かない場合が多いのですが、保険会社が補償額を決めるための後遺障害の等級を決めるにあたっては、体の同じ個所に痛みが継続して続いていることと、症状が固定した後も通院をしているということが重要なポイントとなるのです。

そして通院や入院治療の際には領収書を必ず残しておいて保険会社に提出します。提出先は相手の保険会社ですが、相手が任意保険に加入をしていなければ自分が加入している保険会社となります。そして保険会社への提出書類は必ずコピーをしておくことも必要です。

高い後遺障害の等級認定を受けるには

高い後遺障害の等級認定を受けるには、「医学的に客観的な証明がある」場合なので、CTやMRIなど必要な検査は受けるようにします。痛みがいつまでも続く場合は骨や筋肉だけの問題ではなく神経の問題もある可能性があるので、整形外科だけでなく神経内科や脳神経外科などで受診をして精密検査を受けることも勧められます。

このようにバイク事故に遭ったら車の事故よりも体は大きなダメージを受け、後遺障害が残る可能性も高いので、バイク事故に遭ったらすぐに病院に行くことと保険会社に連絡をすることです。そして症状が固定した時点で医師には傷病名、自覚症状、医師から見た症状、検査結果、予後所見などが詳細に書かれた診断書を作成してもらい、その診断書や検査の画像、診察の際の領収書などとともに保険会社に提出をするということです。

バイク事故では正確な診断をしてもらって適切に検査や治療が行われないと適正な後遺障害の等級が出ないことがあるので、早めに弁護士に相談をすることも重要です。弁護士に相談をすると適正な投球の認定が認められるようにするにはどのようにすればよいのか、必要な書類や検査はなにか、などをあらかじめアドバイスしてもらえアドバイス通りに行動をすればよいのです。今までに交通事故の後遺障害に関する依頼が多くあり実績が豊富な弁護士に相談をすることで、後遺障害の認定に協力できる医師を紹介してもらえることもあるのです。

バイクに乗っていて事故に遭う原因は無茶な追い越し、前方不注意、車に煽られることなどで、事故に遭うと車が事故を起こすよりもずっと死亡率が高くなることを認識し、ヘルメットをかぶったり、胸部のプロテクター、分厚いジャンパーなど少しでも身体を保護する物を着用するように心がけます。

またバイクは車の死角に入りやすいことや転倒しやすい乗り物であることなども常に自覚をして身長に運転をするように心がけるようにし、事故に遭わないようにすることが大切です。