弁護士に交通事故示談を依頼したらどうなる?

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

示談交渉と弁護士の必要性

弁護士に交通事故の示談交渉の依頼をした場合には、被害者の代わりに保険会社と示談交渉を行ってくれるようになります。そもそも、交通事故に関しては示談交渉をする際に弁護士を付けることは基本中の基本です。保険会社の人間は法律の専門家であるため、一般人が何の知識もなく交渉の場所に行ったとしても間違いなく交渉で勝つことは出来ません。保険会社は、交通事故における慰謝料の相場を的確に把握していますので、その相場よりも低い相場で交渉を始めるのが普通です。これに関して知識がないと全く対抗することが出来ずにそのままの相場で示談交渉が終わってしまうことになりますので、交通事故で慰謝料を請求したい場合には必ず弁護士に相談する必要があります。

交通事故の慰謝料増額には弁護士示談

そもそも、交通事故に関しては裁判上の慰謝料請求のケースまで発展するのは全体の約1割程度しか存在しないという事実を知っておく必要があります。交通事故の示談交渉は、保険会社の策略によって長期化するケースがほとんどです。仮に、交通事故によって被害者側に大きな損害があった場合には、その損害を填補するために多くのお金が必要になります。被害者側にそれを補うだけの金銭がない場合には、すぐにでも示談交渉でお金をもらってその損失に使わなくてはいけません。ですから、弁護士を雇わない殆どのケースではこうした長期化を嫌って相手が提示する低い相場でサインをすることが非常に多いのです。

こうした事態を避けるためには、交通事故に詳しい弁護士が示談交渉の場で保険会社と上手く交渉するしかありません。弁護士を雇う利点は、客観的な法律的な証拠さえあれば理詰めで相手を追い詰めることが出来る点にあります。相場はあるとは言っても、法律的な慰謝料の上限金額に相場などは存在しませんので、弁護士がいればその視点からきちんと相場を引き上げるように交渉してくれます。被害者本人だけでは交渉に失敗してしまう確率が高くなるので注意をしておきましょう。