弁護士に交通事故の相談を断られる場合

4ba73d83f57460e2a55fc3059e95e6e4_w

保険会社と示談は弁護士を入れよう

交通事故は誰もが予想しない事態です。さらにケガをすれば痛いし、生活にも支障が出てくる上に、示談などの交渉となるとわかりにくい専門用語が出てきて、自分だけでは納得のいく対応をしてもらえないということも多いです。相手が任意保険に入っていると交渉は保険会社になりますが、相手は毎日交通事故を扱っていて慣れていますので、うまく言いくるめられてしまう、自分の言い分が通じないなど理不尽な思いをする方も多いです。

しかし、相手に責任があるのに都合よく対処されるのは心中、穏やかではありません。そんな時に弁護士を依頼して交通事故示談をお願いすることで、示談金もアップしますし、自分の代わりに交渉してもらえるので保険会社からの嫌な言葉を聞かなくて済むのでストレスも減ります。

弁護士に断られる理由

しかし、中には途中で弁護士に断られたというケースも出てきます。これには理由がちゃんとあります。なにも好みで判断しているのではありません。

示談金アップの余地なし

考えられる理由の1つとしては、現在提示されている示談金からアップする余地があまりない場合です。事故内容から考えて十分な金額を提示されているにもかかわらず、もっとアップしてほしいという方もいます。

しかし、いくら弁護士とはいえ、法律的に適正な金額を不当にアップさせることはできません。特に示談金には過失割合が大きく関係しています。

本人にも過失が大きくある場合には、けがの度合いが大きくても責任がありますので示談金としては低くなってしまいますので注意が必要です。他にも相談を受けているときと、その後とで行っていることが違う、嘘をついていたなどがあると弁護する上で信頼関係を築けません。そのため、断られることも出てきます。

相談する時点で正直に伝えて、客観的に落ち着いて状況を説明することが大切です。弁護士は交通事故に関するトラブルも多く扱っていて、情報や知識も豊富なプロですのでおかしい場合はおかしいとわかります。交渉する余地があれば、力を貸してくれますので不安に感じることはありません。