交通事故での弁護士への依頼と弁護士特約

弁護士費用

もらい事故では被害者が加入する保険会社は助けてくれない

自動車保険に加入している人が運転中に交通事故に遭った場合には、通常は保険会社のスタッフが示談交渉を行うものですが、これは法律の制約によって、あくまでも加入者本人にもいくらかの過失割合があり、交通事故の相手に対して損害賠償金を支払う法的な義務があるため、保険会社にも同時に保険金を支払うという点での当事者性が認められる場合に限られます。

本人の過失割合がまったくない、いわゆる無過失事故の場合には、相手への損害賠償金は必要なく、したがって保険金の支払いもありませんので、保険会社では示談交渉ができず、必要があれば本人が直接弁護士に依頼をして行うことになります。

弁護士費用支払いは弁護士特約対応がお得!

しかし、弁護士の費用というものは、依頼することによって得られた経済的なメリットの数バーセントという決め方がされていることが多く、かなり高額になってしまうことは疑いがないといえます。そうした高額な費用を捻出しようにも、通常は保険金がいっさい出ませんので、結局は自腹でということになってしまい、逆になにも交渉せず、相手の言いなりになっていたほうが費用的にはましであるという事態にもなりかねないのです。

こうした事態を避けるためには、自動車保険のなかのオプションとして設けられている弁護士特約とよばれるものに、あらかじめ加入しておくことが求められます。

この弁護士特約があれば、無過失事故のような場合に弁護士への依頼が必要になったとしても、一定の限度額のなかで、その費用が保険金として支払われることになります。そのため、費用の心配をせずに、相手との交渉に臨むことができるようになります。

この場合、保険金の支払いがあったからといって、自動車保険のノンフリート等級が翌年から下がってしまうといったことはなく、しかも弁護士特約を付けることで追加になる保険料も、年あたり数千円程度のかなり少額ですので、いざというときのことを考慮すれば、たいへんメリットの大きなしくみであるといえます。